どうもです!!


唐突ですが
最近のプラモって高くないっすか?
高い
そう、制作に関する基礎から超絶テクまでのあらゆる情報が揃い
満帆のマテリアルと
精巧潤沢な工具
これらが揃った折にさらなる高みを目指して制作に励むのは
もはや自然の摂理

とかまぁ無理やり中二ぽく言ってみたが
そういう意味ではなく

高い
値段が
高い

原油高の影響か何か知らんが
このデフレの進んだ日本で何故プラモはこんなに高いのか(笑)

とはいえ、未だ何十年前と価格が変わらず貧乏モデラーを楽しませてくれる存在が
ガンプラ
旧キットである
DSC_3063

あ、いかんいかん、、
また中二ぽくなったww

と言う訳で前置き長くなったけど今回のキットは
バンダイ1/60 ザク(シャァ専用ザク)旧キットの紹介です

このガンプラ旧キット
そりゃ今のガンプラに比べると
見劣りする部分が無いわけではない

でも、そこは楽しみ方ひとつで
いや寧ろいろいろ楽しむなら旧キット程適したものはないのだよ

で、今回は特に改造はせず
仕上げの違いだけで楽しもう!!
という試みです
ま、完成画像から
P1010859
P1010851
P1010854


はい、何処から見ても石造
いやお地蔵さんです
ありがとうございます



はい、いつもの細かい事は気にしないで好きなようにね
ストレートで組んだあと
合わせ目は一応消しますが
表面処理が意味を成さない仕上げ方法なので
240番で全体をヤスリ掛けして塗装の定着を促します
DSC_3092

でもって踵とか膝等の部分に
これはもうまた何十年も前から定番の鋳造表現を施し
DSC_3094

後は石造風の塗装を施すだけの簡単仕上げです
下地の色はこんな風に塗り分けました
DSC_3095
でこうなる

P1010857
いやー
思った以上に石!!
色々ご利益までありそうな仕上がりですねw



思わず、このシリーズを増やしたくなりますねぇ
こんな感じでちょっとした作業でも楽しめる

そして何よりもし失敗したとしてもお財布に痛くない
いや、まったく痛くはないわけではないけれども
特に精神的なダメージは大きいww

にしてもこんな大きなキットが今は20000円もかからずに手が入るなんて
いい時代だなぁ・・・



さて今回はどうだったですか?
こんなに気軽に楽しめるのがプラモの良い処です


では、また次回は別のネタで
これからも宜しくお願いしますね!!












<div style="text-align:center;"> スポンサードリンク
</div>