どうもでーす!!


先日放送でですね、塗装ブースを見せて欲しいと
そういうご要望というか、指示というかまぁ、ありましたので
今回は塗装ブースについてお話します。

先ずは塗装ブースって何よ?
的な説明が外せないと思いますので簡単に説明するとですね
塗装をするための設備です。

はい、ちょっと簡単すぎますね、わかってますよ冗談です。(>▽<

でも、余り難しくもないので簡単に説明しまと
室内でスプレー塗装をする時に部屋が汚れないようにするための設備です。
なので、筆塗りや青空ペインターで頑張るぜ!!
ていう人には必要ありませんので以下の内容は是非見てくださいww

ま、冗談はさておきなぜそんなものが必要かというと
塗装ブースがないと部屋がエライことになってしまうからです。
と、ここで私の塗装ブースを見て貰いましょう、こんな感じです↓

DSC_0439


実は撮影のために綺麗にした後なのですが、それでも周りの壁や換気扇周りの汚れが
塗料の飛沫や飛散の凄さを物語っていると思います。

もし塗装ブースがない状態で室内塗装したら・・・
考えただけでも恐ろしい事態になるのは目に見えますね。

因みに私の塗装ブースは窓枠の1/3を潰して換気扇を取り付けた自作のものです。
↓こんな感じで換気扇の周りを板などで囲ってやることで風の通り道を作り
多少離れた所から塗装しても吸塵してくれるようにしています。
DSC_0437

とまぁ、私の場合はこんな感じですが正直このやり方は
がっつり塗装をする人で尚且つ持ち家(できれば一軒家)の人にしかできないと思います。
(常識がなければその限りではありませんww)

という風に窓枠をつぶせる人はこういう方法がパワーもあってベストだと思いますが
そこまでがっつり塗装しない人や、そもそも賃貸の人はこの方は無理げーです。

じゃぁ、そういう条件じゃないけど青空ペイントもちょっとという人はどうするか?
その場合はこういうの↓を買うか、自作することになります。


41vFjZeaWJL[1]
ore.amazon.co.jp/harukiya07-22/detail/B001HBJ2YQ

まぁ、いろんな種類がありますし、自作する事もできますが
できるだけパワーのあるものにした方がいいと思います。
パワーが弱いと缶スプレーを使用る時にちょっと力不足な場合があります。

何れにしろ室内で塗装する場合はこういった設備が必要になります。



というわけでこんな感じで紹介してみたわけですが
細かい事を言えばもっと色々お伝えしたい事がまだ沢山あります。

でも話がかなり個人的な物になる上に長くなってしまいますので、
またの機会があればその時に紹介したいと思います。



実はエアブラシ塗装では必ずといっていいほど必要になるという割には
余り話に上がることがない、そういう意外と盲点なお話でした。





<div style="text-align:center;"> スポンサードリンク
</div>